コンテンツ開始

2009年05月30日


エンゼルバンク

この5巻では「東大」というキーワードがネタになってますが、ご存知「ドラゴン桜」の時系列上の続編です。もちろん以前のどこか架空の実感の薄い「東大受験」ではなく「転職」

いずれにしても、これらは前作共に「取材」で得たそのスジのノウハウを元に、ノウハウを活かせる素材を持つ人材とのディスカッションで裏付けと想定内の創作を作者が独自の方法でまとめたものと思ってます。

なんで、話の中でも似たような事言ってますが、読み手がその利用価値において利用する体系書です。この話に意見するのは筋違いで、そもそもそんな事言った時点で作者に軍配が上がるという素敵な物語です。

で、3巻をさっそく「学生」にすすめました。内容そのものも参考になるでしょうし、

「おまえら新卒ってぬるま湯なんだから」と、利用してます。



posted by at 2009-05-30 00:11 | マンガ : ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日


ハチワンダイバー

自分の中ではこの人(柴田 ヨクサル)は化け物です。よくもまあ、将棋という題材でこうも格闘技的なお話作れます。もちろん、エアマスターの印象デカすぎるのですが、それを全く無視してもとんでもない「魅力」です。

絵はそんなにうまいとは思えません。イマドキのジャンプの作家がうますぎるんだと思いますが、そんなもの完全にふっ飛ばすような魅力が絵からあふれ出ています。特に、イラスト書かせたら凄いですね。

でも、エアマスターのほうが好きなのはどうしようも無いですが・・・



タグ:格闘技 将棋
posted by at 2009-05-29 23:58 | マンガ : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GANTZ

元々謎からはじまって、ここまで来ました。連載の一番はじめのころを良く覚えてますが、今から考えたらネギ星人はなんだったのか・・・。

長かったですが、大きな転換をついに迎えました。各々当初より顔つきかなり変わってるような気がします。

奥氏の作品は、ちょっと不思議で色っぽくて誰もそこを掘り下げないだろう・・というところを走ってましたが、GANTZ はもう、SFの洋画等に全くヒケを取りません。

さて、どうなるんでしょう。
そろそろ終わるのでしょうか。



posted by at 2009-05-29 23:48 | マンガ : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日


雛の心臓の鼓動

2階で仕事していると、下から奥さんが、 

「玄関に鳥居てる」 

「え゛???」 

「糞だらけやねん」 

彼女が言うには、玄関が糞だらけだったので、ドアを開けたまま掃除 していて、中に入ってふと見たら自転車のかげに居たそうです。 

見ると、隅っこに、ちょこんとこっち向いて見てるんですよね。 

「捕まえて」

一瞬なんの事か理解できなかったですが、手を伸ばすと・・・・逃げます。それでもなんとかそおっと手に取ると なんと弱々しく、ほのかにあったかい。てのひらに直接動物の体温を感じたのはいったいいつの事だったか記憶がありません。みすぼらしく、羽根がぼろぼろ。

「誰にやられたんや・・・」 

と、てっきり何かに襲われたのだと思いました。とにかく、こんな経験は初めてなのでじっと自分の手の中で横たわってる生き物を見つめていると・・・

「トクン」

と心臓の鼓動が指から伝わってきます。横で奥さんがなんかグチ言ってますが、こっちはウワの空。この時点で正直「世話したい」と心のどこかにあったとは思いますが、目の前には奥さんという現実が。

一人暮らしならしばらく一緒に暮らしてたでしょうね。

で、どうしようと考えながら、これが雛で巣から落ちて迷い込んだのだとだんだん頭が理解し、玄関の前で立ちつくしていると複数の鳥の声が頭上からします。一羽なんか、口になにか虫かみみずかなんかをくわえているし、急に雛が鳴きながら暴れたので、持ち直していると、 その声に反応しているし・・・

あきらかに親鳥かその関係者達だと思いました。あるいは同種の雛の声に反応しただけかもしれませんが、その時の複数の鳥の動きから、どうやらすぐ目の前の竹やぶの中に巣があると思いました。

とにかくそれで我に返り、雛をバケツに入れました。 


さて。 

これがまた実に可愛いのなんの。 


真っ黒な瞳と、小さな体。歩くのではなく飛び跳ねて移動します。 一瞬竹やぶへ連れていくのを躊躇し、地面の上にバケツを置いて眺めていると、小さなバケツなのでジャンプして飛び越えてぴょんぴょんと向かいの家の玄関のほうに行きます。

このへんは猫が徘徊しているので、やっぱりまずいと思い直して再びバケツに入れて竹やぶのほうへ。竹やぶは私有地なので囲いがされていて、一応人間は来ないですが、雛の将来は考え無い事にしました。

とにかく、

「たのむぞ、おまえら」 

と、上空で鳴く同種らしき鳥達に向かって心の中でつぶやいてました。 


そして、数時間後そこへ見に行ったのですが動く影は無く、やはり鳥達がそのへんを飛び回っていたので、どこかに巣があるかもしれません。でないと、ウチの玄関までたどり着くという事実には無理があるのです。



嘘みたいな出来事ですが、今でも雛の心臓の鼓動がてのひらの中の感触 として残っていて、愛しいと言うか、切ないというか・・・


はあ・・・・



です。


posted by at 2009-05-27 11:49 | 独り言 : 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日


24年目の公園

この公園に来るようになって24年ですが、昔よりはるかに鳥が多いです。
というかここ数年、雀や鳩やカラス以外の鳥をたくさん見かけます。
Highslide JS
飛翔するアオサギ
家の近くにもこの鳥はやってきますし、声だけならうぐいすの声も聞いた事があります
Highslide JS
天を仰ぐアオサギ
それと、思うに、鳥が感じる人間との距離感が狭まってるような気もします。
単に本来の姿かもしれませんけど。
Highslide JS
常につがい


Highslide JS
竹林の妖精


●サムネイルをクリックすると画像がズームして表示されます
●大きな画像表示中以下の事が可能です
●クリックして閉じます
●クリックしてドラッグで移動します
●矢印キーで前後の画像に移動可能です


posted by at 2009-05-26 22:17 | 写真 : デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖☆おにいさん

古いマンガばかりだとメリハリが効かないような気がするので。




絵柄はいまいちだったんですが、なんかちょと試しに借りて読んでみました。
作者のセンスがいいですね。

とっても人間らしいブッダとイエスですが、とりあえず2巻目が
読みたくなる自然なおかしさがありました。二人とも純粋でまじめな
青年ですし、できるかぎり誰も文句言わないといいんですけどね・・・





posted by at 2009-05-26 01:25 | マンガ : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日


今日はローマです

特別予備知識もありませんので、これがどこなんだか・・・
Roma という地図上のド真中に降り立つとあります。

Piazza Venezia


posted by at 2009-05-18 16:06 | ストリートビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日


バビル2世

漫画の画像が全くAmazonでありません。

↓かろうじていくつか当時の絵を思わせるものがありましたが、レビューが無い。
 
で、もう一つ。これはレビュー付きですが、バビル2世誕生のあたりっぽい絵ですね。
でも、肝心のヨミが居ないのは寂しいかぎりですが、実際古すぎて正確
な物語の最後を覚えて無いんですよね・・・しかも「その名は101」なんてのも
あるのは知ってるのですが、バビル2世の血で能力がコピーされるという事しか
知りません。なんか、むしょうに全部読みたくなって来ます。  

レビューリンク

 

思い出がいっぱいです。
当時似顔絵をハガキの裏に描いて送ったら、載ったんですよ。
学校に持って行って自慢したのは当然です。

構図も覚えてます。背景を点描で人物の中心から波だたせたもの
で、たくさんのなかの一つでしたが、自分の名前が雑誌に載ったのは
人生二回あって、その1度目です。

二回目は今の奥さんとan・an で。( コレホント )
( jj の間違い・・・・でした、9日も経ってますが )

いや、懐かしい。


 

posted by at 2009-05-17 18:41 | マンガ : 超人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デビルマン




この似顔絵をですね、いとこが正月に年賀状に描いてきたんですよね・・・
それがまたうまくって、速攻真似して何度も何度も描いてたら、その顔だけ
いつでも描けるようになりました。

しかし、今考えると年賀状に「デビル」っておい(笑)


これも今考えると短いお話ですが、当時としては壮絶にな内容でした。
もうちょっと見やすく変えて、TV アニメになりましたが、なんと20時台に
放映されてたんですよ、ウチの地域では(他はどうだったのでしょう)。

いまだにこの絵はよく描きます。
最近では絵チャットで描きましたです。

Devil2

↓こちらはアモン系です

1233847623899427




それと、レビューに外人さんが英語で書いてたのはちよっとびっくりです。
やっぱマンガのくにがうらやましいのでしょう。





posted by at 2009-05-17 17:53 | マンガ : 超人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャガールのニース




TV でそういう話をしていたので、てきとーーに NICE に降り立ってみました。


どこでも絵になる・・・


あらら、キリがない


コードを取得

ブログ等で使えるストリートビューコードを取得します


posted by at 2009-05-17 11:56 | ストリートビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX