コンテンツ開始

2017年02月28日


『マンガルー』という漫画のコマを切り抜いてブログに貼り付けるサービスを使ってみた。


まだ漫画の種類が少なくて、自分が読んだ事あるのは、福本 伸行氏の作品だけだったので、『銀と金』を選びました。

以下は、銀の相棒の金が誕生する瞬間です。



銀のテストに対しての森田 鉄雄の評価であり、物語が本当の意味で開始される瞬間でもあります。



とまあ、結局本編の宣伝になってしまいましたが、『マンガルー』を使う上で最初に悩んだのが、表示される本の表紙部分が縦スクロールでページ移動するところです。

最初解らなくて、『使えねーー』と思ってしまったです。


ただ、結局本編を皆読めてしまうので、コマ探しってそれからですね。




FAQ

▼ 使用するサイトを増やしたいのですが、どのような手続きをすればよいですか?
お名前、登録済みのサイト、ご希望の追加サイトのURL及びサイト名を明記の上、その旨を info@mangaloo.jp まで問い合わせください。




posted by at 2017-02-28 13:59 | Comment(0) | 知恵メモ : ネットサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX