コンテンツ開始

2010年02月10日


ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版(2枚組) [DVD]



Amazon のレビューは商品毎に付くので全て見ていませんが、今回の作品が
非常に抑えていて、多分フィナーレへと向かうであろう布石として作られ
ているのを、皆さん好意的にとらえておられたのでホッとしました。
原作読んでいる人が多いという事もあると思いますが、つまりそれなりの
クオリティを保ちながら抑えていたという事だと思います。

自分自身、何か「魔法日記」のようなものを淡々と読まされているような
気がして、ずっと違和感を感じていたのですが、長いわりに退屈は全くしま
せんでしたが、どうもエピソード的には原作ファンを意識しているのかな?
と思わせるような妙な話が多かった気もします。

しかし、何より印象的だったのはやはりラストで、結構へこんだのですが
何か釈然としないまま観終えました。

よーーく考えると、見た目通りの結果であれば必要無いであろう演出が
3シーンほどあったので、もうこれは最後をきっちり盛り上げる為の役割
で作られたとしか思えなくなって来ました。

当然ハリーは勝たなければならないわけだし、現実の俳優のタイムリミット
もあるはずなので、もう今回では無く完全に「次回」を見据えての忍耐の
限りを尽くした「謎のプリンス」で間違い無いと決めました。


です。


どんな物語でも必ず終わりが来るのは寂しいかぎりですが、
ずっと観てきた自分の時間軸の思い出も同時に蘇るシリーズが
あったというのはとても嬉しい事ですね。



ダンブルドア






タグ:DVD VideoMovie
posted by at 2010-02-10 18:07 | Comment(0) | VIDEO : 映画 : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了 base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。