コンテンツ開始

2010年10月30日


【進撃の巨人】これはひさしぶりにぶっ飛んだ。永井豪氏を思い出した。

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)



進撃の巨人(2) (少年マガジンコミックス)



アマゾンのレビューって本当に笑えます。レビューに何か書く時点で絶対素人に間違い無いのが解ります。たった一つの切り口を自分の好みという視点で、どこかから借りて来たような批評をのたまってます。

とっても笑えます。

制作側の一線を経験している人間が恥ずかしくってレビューなんか書けないでしょうね、間違い無く。僕らは「素人」だからこそ好きな事を言い放題なわけで、そこには価値がもしあるとすれば、同じ目線で夢を見れる仲間を増やす事だと思うのですが。

この作者さんは絵はうまく無いかもしれませんが、そんな事言ったら永井豪氏なんかひどかったんですよ。まあ、昨今音楽業界も CD では食っていけない多様な状態ですから、より細かいスペック重視するのは解りますが、今おもしろかったらいいし、ずっと描いててもらいたいし、もっといい作品描いてもらいたいわけで。

ド素人がその芽を潰してどうすんの?

と思ってしまいます。

とにかく、素敵なお話です。クセのある絵がマッチする内容であるし、荒削りだけれど、商業レベルには十分達しているので宣伝や今後の展開次第で歴史に残る作品になるかもしれません。

とても面白いです。





posted by at 2010-10-30 00:14 | Comment(2) | マンガ : 異世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
おもしろそうな 漫画ですね。
Posted by 村石太マン at 2010年11月02日 21:43
>村石太マン さん
そうなんです。とても面白かったんです。
だから、ついレビューに「カチン」と来て愚痴ってしまいました。

そんな書き込みにコメント下さって、とてもうれしいです。
Posted by night walker at 2010年11月03日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了 base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。