コンテンツ開始

2011年04月23日


ミディアム5 : 刻まれた罪状 / 空白の時間

ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア〜
  シーズン5 Part 1 DVD-BOX




まだ、6話しか見ていませんが、なんだかいろいろな切り口を模索しているように感じられます。この「刻まれた罪状 / 空白の時間」の二つのお話は、アリソンが自分以外の何かに支配されるお話で、本来「物語」としては特に扱わなくでもいいのでは無いか、という「リスク」に触れています。

しかも、「刻まれた罪状」では何も解決せず、「空白の時間」ではアリソンが現実にしてしまった「行動」が運よく表に出無いで済むというしっくり来ない結末でもあります。アリソンは、ハタから見てると「無意味に正義感が強い」というところがありますが、この中で彼女は見事に空回りしてしまいます。

この家族には幸せになって欲しいと願うんですけどね。だから読者的にはちょっと願い下げというか、いろんな場面でリスクを思ってドキドキしてしまいます。とくに、長女は大人になる真っ最中だし、でも特殊能力があったりするし。

あ、毎度次女はおもしろすぎ。

タグ:MEDIUM VideoDrama
posted by at 2011-04-23 18:42 | Comment(0) | VIDEO : ミディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX