コンテンツ開始

2011年06月10日


JCBの買う側と、売る側の締めサイクル。Visa のデビットカードの問題と回避策。



Excel で作るのが面倒そうだったので、手ブロで落書きしました。調べていて、「へえ・・・」と思ったのがお店側の締めが月に2回あって、お店にやさしいシステムになっています。Visa は一回なんですが、ここらへんはお店としては選択肢無いですが、業務量的に一本に絞る事は考えられますね。

売上票は、毎月15日と末日のJCB到着分で締め切られるので、お店ではそれに間に合うように送る事になり、過ぎれば入金は半月送れます。そうなると、買った人からの引き落としのほうが早くなりますが普通は先に支払になります。信用取引でなければ成り立たないのは当然ですね。

良く、「買ったのに請求が来ない」というのは、単純にお店の伝票処理が滞っている事が原因です。また、このタイムラグがあるからこそ(普通の締め処理ですが)ネットショッピングに向いています。たとえ「訂正」が入っても、伝票を送付していなければ「売上確定」していないので、伝票上で訂正可能です。もし、Visa のデビットカードのような場合で、即引き落としてしまうと、訂正しても最初の引き落としの訂正が反映されるのは、次の締め以降になるようですから、二重引き落としが一時的に発生します。

これは仕方の無い事ですが、店側が嫌って顧客に「デビットカード」をできるだけ使わないように説明しているようです。

しかし、これを回避する為にヤマト運輸のサービスを使って、対面でカードを使ってもらうようにすると、商品が着くまでは引き落としは起きません。さらに、J-Debit や WEB マネーも使える事になります
▼JCB

取り扱われた
お支払いの種類

お取り扱い期間

売上締切日

加盟店様へのお支払い日

●ショッピング1回払い

●ショッピングリボ払い

●ショッピング分割払い

●ギフトカード払い

通年

毎月15日

当月末日

毎月末

翌月15日

●ショッピング2回払い

毎月15日

[A]翌月末日(一括)

[B]翌月15日(半額)および
翌々月15日(半額)

●ボーナス1回払い

[夏]12月16日〜6月15日

7月15日

8月15日

[冬]7月16日〜11月15日

12月15日

翌年1月15日

 


【知恵メモ : お金の最新記事】
posted by at 2011-06-10 16:13 | Comment(0) | 知恵メモ : お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX