コンテンツ開始

2012年01月28日


橋下徹市長が朝生で、ただひたすら『説明』をしていたので納得した件

初めて『朝生』という番組を真面目に最初から最後まで『寝れない』と言う事を覚悟して見ました。他の出演者に関しては、Twitter での反応も終わってからキーワードで確認させていただきました。

『揚げ足』とか、個人名とか、頼みもしないのに半分くらいが関係キーワードでTwitter のページの一部に居座ってましたので、堪能できるほどの悪口を読む事になっていささか出演者が気の毒になりましたが・・・・ま、似たような事は自分も思ってはいたので、そういう意味では自分がマイノリティではないようでした。
これが最初の感想なんですが、NAVER とかでここに出演する経緯の橋下さんの発言とかは読んでいたのですが、『すっごい悪口言うてはる・・・』と思ってて、その対象が出演するというのでどうなるかと思っていたのですが、その対象となる方が開口一番良く解らない中途半端な事をおっしゃるので

『?????』

となってしまいました。橋下市長の出演意図は『リーダー』を経験した人なら普通に想像できるはずなのに、いきなり言葉遊びを始められ、そこから最後まで終始『〜したらどうなるか解らない』と言う自分の思いを根拠も無く語っておられました。

『なるほど、これも出演意図のうちの一つなのか』
( タイプミスで最初『主演意図』って打ってしまって、それはそれで OK? と思ったり )

橋下さんは職務の性格上、こんなシチュエーションで『説明』するチャンスは又と無いわけですから、ただ単純に『説明を聞いてもらう』事を目的として番組を利用したのだと思っていたのですが、開けてびっくりです。この番組は本来『討論』をする番組だから、出演者次第ではそうなっても良かったのに、結局

『橋下徹市長が朝生で、ただひたすら説明した録画』

を見る事になってしまっていて、世の中にありがちな『反対意見』を潰すのが目的では無く、『何が起こっているか解らない人』に対して事実を説明するのが目的だったと理解しました。

でも、関電に関しては少なかったですね。出演者がまるっきり興味が無かったようですし。
自分は大阪府民ですから、橋下さんを決して個人では見ていないわけで、多くの国民は関係無いから個人として見る事に何も問題無いけれども、少なくともリーダーを経験したものなら、『目的の為に手段を選択する責任』を知ってる訳です。

その際の指針ってのは、自分自身であってメンバーでは無いです。メンバーの面倒は見ますが、メンバー個人の都合で組織を動かしていたら、エンドユーザーの利益は守られ無いのは当たり前の事ですし。

納期があるのに『スキー行きますから休みます』みたいな事を、個人の権利として守られてはいるだろうけれども、それはリーダーの苦労にしかならないんですよね。

多くの人が、自分の昔または今を連想した一幕だったと思います。


というか、橋下さんは、主婦層(たぶん)と、一般マスコミに異常に嫌われてるような気がします。相当無茶な人だとは思いますが、堅実な政治家ってのもピンと来ない。少なくとも、選挙に勝ってその上での仕事の一部がパフォーマンスなら、それでいいと思うんですが・・・・。

結局知人じゃないので解りませんけれど。



posted by at 2012-01-28 13:07 | Comment(0) | 日記 : つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX