コンテンツ開始

2014年06月01日


『GIMP』と『LunarCell』

2012-02-26 の古い記事を掘り返しているのは、以前あった、他サイトの Photoshop 用のプラグインを Windows で使うための( しかも LunarCell で解説していた )ページが消失していたからです。それであらためてインストール済みの自分の環境見ながら、他のサイトの説明をトレースしてみました。

GIMPの使い方 〜Photoshopプラグイン(plugin)追加〜

▲ のページが新しくみつけたところですが、また無くなると困るので、以下に要点をメモします。

1) Photoshop プラグインを GIMP で使う為の pspi.exe のダウンロード

PSPI: Running Photoshop plug-ins in GIMP

2) pspi.exe の保存場所

自分の環境は GIMPPortable です。以下の場所です。
C:\GIMPPortable\App\gimp\lib\gimp\2.0\plug-ins

3) Photoshop プラグインのインストール

まず、GIMP を再起動すると、フィルターメニューの一番下に pspi.exe 用のプラグイン保存場所を登録する為のメニューが表示されるので、それを使ってフォルダを登録します。

自分の環境は GIMPPortable です。以下の場所です。
C:\GIMPPortable\photoshop

その場所にプラグイン( .8bf ) の入ったフォルダを保存して GIMP を再起動します。GIMP が認識したら、そのプラグイン用のメニューがフィルターメニューに表示されると思います。

後、注意事項は、『LunarCell 側が64ビット用のモジュールを用意していて、そいつを削除しないと GIMP がエラーを起こします。』

という事ですね。

ちなみに、Lunarcell は購入しました。GIMP で色変えれないから、たぶん誰も使って無いでしようけれど(gimp lunarcell でGoogleでトップヒットしたのがこのブログのこの記事だし)、つい昨日専用の色コード変更アプリ作ったところです。それで作成した絵が以下のようになっています。( 雲の色を黒にできたりします )






▼ 以下は古い記事です


やっぱいいですね、LunarCell

シェアウェアなのですが、今は PayPal で支払いできるので、もうしばらく使ってあまり問題出なければ、買っちゃいましょう。

LunarCell 側が64ビット用のモジュールを用意していて、そいつを削除しないと GIMP がエラーを起こします。

それ以外は特に問題無く、昔と同じ動きをしてくれます。でも、前より機能はアップしていて、作った LunarCell を記憶させる事ができました・・・・すばらしい。

※ テスト環境 : WindowsXP



posted by at 2014-06-01 20:03 | Comment(0) | GIMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX