コンテンツ開始

2012年07月03日


「魔人探偵脳噛ネウロ」の松井優征による新連載「●●教室」

いやあ、ブログのタイトルにするにはちょっときつい単語なんで伏字なんですが、『進撃の巨人』以来のドキドキ感で襲われました。最初、ネウロ描いた人だと知らなくて、電車の中で読み始めてつい『これ凄い』とつぶやいてしまったとです。いや、自分大阪人ですけどね。

とにかく、『なんだこの新人は、最近のジャンプのラブラブ路線はうんざりしてたんだが、これで光明が開けた』

とはつぶやいてはいません。心の中で思いました。

ネウロの作者さんだと知ったのは家へ帰ってからで、今考えると絵柄も少し違ったような気がしたんですよね。ただ、あの世界の中の悪魔的な不純物はたしかに『ネウロ』のものですね。言われて初めて気づくような微々たるものですが、そもそも全く無しの状態から出て来た新人だったら『天才』ですし、ネウロあっての●センセイですわ。このダじゃれは、ダじゃれとは言えないインパクトを感じました。散々あの触手のバケモンぶり見た後ですし。

ただ、少年漫画である以上、なんらかの救いが無ければならないので、この分けのわからない状況はそのまま信じるわけにはいかないのですが、結局全て作者側がカードを握っているのでいかんともしがたい・・・はずなんですが、なんと一話目でその部分のサービスもしてくれてるわけですよ。

もう、読者の都合のいい空想膨らみまくり・・・・


二度読みしちゃいました。ジャンプで二度読みは初めてかもです。



【マンガ : ファンタジーの最新記事】
posted by at 2012-07-03 00:04 | Comment(0) | マンガ : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX