コンテンツ開始

2012年11月12日


『年に一回』さくらインターネットドメイン更新手続き

(毎年つぶやく愚痴)
ドメインと、レンタルサーバーは同時に申し込んだのに、途中から向こうの都合で1ケ月早くドメイン更新の請求が来て、毎年振込手数料が2回必要になる。

バカヤロ。

今はオンラインの楽天銀行から支払うので、面倒だからクレーム入れないけれど

バカヤロ。

で、まず楽天銀行に通常ログインしますが、必ずワンタイムパスワードがメールで送られて来るので、ログイン時点でも、ほぼオンラインの壁が破られる事はありません。で、さらに振込となると振込限度額(1日あたりの振込限度額)を設定してあるので、運用的にはとても安全だし、実際振込用には別のパスワードが必要になります。しかも、そのパスワードはソフトウェアキーボードでキーロガーからも守られます。

相手の口座名義が サクラインターネツト(カ である事を確認して(振込手数料160円)、パスワードを入力します。パスワードは書籍のISBN使ってるので、自分でも覚えていません。もし出先でもインターネット環境さえあれば、調べる事は可能ではあります。

さらに、振込確認ページに来たタイミングで再度ワンタイムパスワードが送られて来るのでそれも入力が必要です。(60分以内に発行された最新のワンタイムキーが必要)

で、『お振込の際、会員IDとご契約者名をご明記ください』とあるんですが、楽天銀行にそんなもの入力するところは無い・・・・これはいまだに良く解らないところ。(備考欄必要なはず、誰からもクレーム無いんだろうか・・・)

160円なんで我慢してますが、大きな会社でも(この場合、さくらと楽天)、はあ・・?? と言う事はあるもんです。みんな面倒だから問題にしないだけだろうけれど。そもそも、インターネット経由でこういうサービスを利用する人はあんまり(いや、ほとんど無いな)クレームというものはしない。

逆に腹が立ったり、カチンと来るととことんやる人が多い・・・と思う。

以前コーナンで、リンナイで風呂釜買った時は、コーナンが発注した業者がいいかげんだったから、写真を撮って WEB に上げて、その URL を リンナイの責任者にメールして見せたら『言っておきます』と言ってもらって、次の日業者が飛んできた。

必要な事はしなきゃぁね。

だから、160円は大目に見てやるんだ。


バ・カ・ヤ・ロ


【日記の最新記事】
posted by at 2012-11-12 19:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX