コンテンツ開始

2012年11月18日


DAZ3D の BEO2K10 v2 というロボットモデル



思いの外いろいろ GIMP で効果を試すのに良いサンプルだったりしてます。なんというか、ヒューマンではないのでごまかしが効くというか、メリハリがはっきりあらわれるというか、とにかくエフェクトの細工がしやすいです。

これも結局、背景と本体を別々にレンダリングして、合成したあと、もともと両方一度にレンダリングした影の部分もレイヤーに加えて、本体部分だけ Cross Light エフェクトで白い発光体の部分を実際に発光エフェクトかけてレイヤーを統合してます。その際、背景のテクスチャの不自然な部分を GIMP の スタンプで消して、背景の色を少し青くしました。

結果的に良かったがどうかは別にして、いろいろ訓練になったのでした。

加工前




75% OFF で、$6.24 だったんです( 今日時点ではまだ OFF )が、ロボット系がみんな安売り。ひょっとして EVA に合わせたのかも・・・なんて思ったりもします。


それに、ロボットなんでこういう光だけで効果出すって選択肢があります。





posted by at 2012-11-18 00:53 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX