コンテンツ開始

2012年12月15日


エルフの掃腿 〜 イラスト 〜 DAZ3D



▼ ビデオカードが OpenGL 2.0 をサポートしていて、Google Chrome か Firefox なら動作するはずです
( マウスドラッグとマウスホイールで背景が変化 )
WEB 上でエフェクト( Three.js + WebGL )

実戦に使えるかどうかは別にして、ここから右足後ろにを回して一気に一回転する前は実際にこんなポーズになります。

DAZ3D の話でマイナーでおそらく誰にも通じないでしょうが、このモデルは Genesis では無く Victoria4 をベースにしていて、極限までのポーズの結果下半身用の布きれがねじれるわ、臀部の筋肉部分にポリゴンのよじれた突起がでるわで、修復するはめになりました・・・。

表情にしても、3D 側のモーフでは事実上限界があるので、後から加工する必要が出て来るでしょうが、まだそこまで時間かけるほどのクオリティ必要無いので( 個人で公開するだけだし )やってませんが、その為の道具とか手法はいつも頭の中を最近ぐるぐる回ってます。

現時点でこれくらいのソフトが動くので、5年、10年たてばもっといいものが手に入るかもしれません。でも、結局イラストとして仕上げるには手作業のノウハウが必要なはずですから今のうちに頑張るのです。

DAZ3D である必要はありませんが、プログラマである事のスキルと絵を描く事が好きな属性持ち合わせているので、いつかイラストで他人の心の中にダイブしたいもんです。


タグ:DAZ3D DAZStudio
posted by at 2012-12-15 19:17 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX