コンテンツ開始

2013年01月01日


紫の天使 〜 DAZ3D / GIMP 水滴スクリプト



やたらと重たい Epic Wings for Genesis ですが、羽を扱うとなるとこれよりいいものは今は無いと思います。

使い回しはかなり難易度が高いので、ポーズ集を使うのも一つの手です。ま、何かのストーリーでも無い限り一枚ものならばだいたいのポーズは決まって来るのでちょっと時間かければいいものは出来上がるのでは無いでしょうか。

今回は、GIMP の水滴スクリプトがメインなので、あまり羽に時間はかけていません。それより、いつもの話なんですが、Genesis に V4 の衣装を着せようとすると足元がうまくフィットしない事が多いのでその調整が必ず発生します。V4 の衣装はいいものが多く使いやすいのでできるだけなんとかしています。

と、いうより、Genesis の衣装はこないだ買ったのですが、やたらメモリを喰ってレンダリングで落ちてしまいます。まだ、DAZ Studio4 を使っているせいか、32ビットの Windows7 を使っているせいかどちらかが理由なんでしょうが、今は耐えています。このままでもできる事はいっぱいあるので。

で、GIMP 水滴スクリプトの詳細はかなり時間をかけてまとめましたし、実際いろいろ使っていて、水滴だけでは無く、ブレンドモードをいろいろ使って効果を出す為のとても良いサンプルとなっています。

この適用の仕方としては、本体画像の背景が透過のまま使っているので、水滴部分が本体画像の細い部分や周りに重なるように出来上がっています。Highlight_down は覆い焼きにして背景画像は以下のものを使って、本体をハードライトにしています。



本体画像以外のレイヤーで作ってみた画像は以下のようになっています。





posted by at 2013-01-01 18:14 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX