コンテンツ開始

2013年05月09日


DAZ3D : 空洞少女



元ネタは、『幼少から続いてる恐ろしい体験を話す』という話で、これを外出中に iPhone で読んで感想文がわりに作った絵です。
眼球があるはずの部分は空洞となっており、闇が覗いていた。 
更には、口も歯と舌が無く、ぽっかりとした空間が広がっているだけだった。 
という表現のもと、作ってはみたのですが全然怖く無いので自分自身でがっかり・・・。というか、基本的にこのような状態は DAZStudio 使ってるとしょっちゅう遭遇するわけで、眼球だけにする事もできちゃうんで・・・そっちのほうが怖いかもしれません。 ヘッドとネックを非表示にして(内部の顎はもともと非表示)、眼球の Opacity をいい具合に調整しました。
posted by at 2013-05-09 20:36 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX