コンテンツ開始

2013年06月23日


進撃の巨人は、自分の中では『6種類』に分類されます

❶ エレン
父からの注射が由来と思われるが、最初は全く制御できなかった。『彼らの記憶』云々より、巨人に関連する種族が存在する事を推測できる。ライナー達がエレンを必要としているところから、他と一線を画す巨人であるはずである。( ライナーが『人類への攻撃』と言う以上、ライナーは人類では無いが、では『エレン』は人類? )

❷ アニ / ライナー / ベルトルト
同じ地域出身で、巨人化の能力を完全に制御しており、『戦士』としての使命を持ち、故郷へ帰る事を願っているが、何故か『エレン』がその為に必要である
 
❸ 獣の巨人
言語を複数扱えるようなので、高い知能を持つと考えられ、コニーの故郷の人間を巨人化したものと考えられる。彼の言動は不思議なものが多く、『調査する者』のようにも取れる。また、巨人に指示できる事と、巨人の中には人間が存在する事を前提とする発言をしている。小さな巨人(元の知能が低い)のみがわざわざ命令を無視した事から、『人間』であれば全て巨人化できる事となり、サイズ的なつじつまが合う。

❹ ユミル
ライナーが、『あの時の・・・』と言った回想より、どうも立ち位置が不明の巨人である。不確かではあるが、ヒストリアとの会話の中からも意味深なものがあり、巨人達との戦いの状況や戦った後の状態等、特異なものばかり感じられる。

❺ 壁の中の巨人
人類の為に自らを犠牲にした元人間・・・・と考えるのが普通

❻ 一般巨人
厳密には、南からやって来る巨人と、内部で発生した巨人に別れるが、種別としては本来同じものと考えられる。





【マンガ : ファンタジーの最新記事】
posted by at 2013-06-23 19:00 | Comment(0) | マンガ : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX