コンテンツ開始

2013年10月18日


鉄板のゾンビ脚本を『魔法少女』に入れ替えて3巻まで一気に読める漫画

魔法少女・オブ・ジ・エンド 1 (少年チャンピオン・コミックス)



なんだかんで言っても、『ゾンビ』ものは見てみたい衝動にかられるジャンルです。このお話の Amazon のカスタマーレビューは結構好き放題言われていますが、読者が一気に3巻まで読みたくなるような努力はされているわけで。

進撃の巨人ほど、長い話にはならないと思われますが(もう、影ながら魔法少女の原因が語られていますし)、世界観の違いはあるけれど、作者の勢いってのは同じものを感じました。ここから、どういうオチを付けるかが編集側の努力になると思われます。

日本は漫画の国(というか、ライトノベルも)なんで、ストーリとか世界観とか、くさるほど既出がある中で、クリエイターはなんとか自分の作品を見てもらいたいと頑張ってるんですよね。それが痛いほど伝わる作品です。絵のうまい奴なんかそれこそくさる程居るし、その中で自分のできる事を精一杯やってるのは伝わりますよ。これはいい作品だと思います。



【マンガ : ファンタジーの最新記事】
posted by at 2013-10-18 16:46 | Comment(0) | マンガ : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX