コンテンツ開始

2013年12月05日


『アイフォーン用音声式日本銀行券簡易券種識別支援アプリケーション』・・・正式名長すぎ

何故、まず iPhone 用なのかは謎です。



リリース : 12月3日(火)
愛称 : 「言う吉くん」(商標出願中)
目的 : 製造メーカーの開発費を抑えられるよう、技術情報を提供する
開発元(※1) : 国立印刷局 
注意事項 : 偽造券を判別する機能は有しておりません

▼ PDF 消えてました。なので、インターネットアーカイブです
操作方法等

※1
国立印刷局は高度な偽造防止技術と効率的な生産技術を研究・開発



ニュースにあったので、『何それ』と思ったりしましたが、確かにお札に関する技術資料が集中している場所のようですが、商品化する場合の技術情報の提供だそうです。となると・・・何故 iPhone なんですかね。Android なら Java なんだし、そのほうがポピュラーだと思うのですが。マスコミ向けのなんかプロジェクトなんでしょうかね。良く解んないですけれど。

仮にそうだとして。

で、ネーミングが『○○君』だとか、イメージキャラの残念感はいかんともしがたいと思うのですが・・・・




【知恵メモ : お金の最新記事】
posted by at 2013-12-05 02:31 | Comment(0) | 知恵メモ : お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX