コンテンツ開始

2014年08月03日


『恒常的に月500時間以上の勤務だった』おい、500時間ってなんだ

牛丼チェーン「すき家」の労働環境を調査してきた第三者委員会の調査報告書に対しての記事の中の証言ですが、単純計算すると、7時間で通勤と食事とフロ入って寝るという生活です。



ひと月は720時間しか無いです。

他の証言に、家に2週間帰れなかったとありますが、帰ると通勤時間分寝る時間減るという拷問だったんでしょう。

システム開発も残業の多い業界だと思いますが、300時間超えると十分過労死のレベルだと実感できます(たいたい長く続くので)。だから、この内容読んで一瞬何がなんだか解らなくて、計算してみてゾっとしました。

だいたい、近所のすき屋は嫌いでした。掃除ができていなくって、汚いし椅子が壊れているのも放置していたりで足は遠ざかっています。そこへ行かなくても吉野屋や松屋があります。(松屋はとても綺麗です。)

最初はなんでこんな汚いんだろうと思ってたんですが、世の中のニュースですき屋の実情を知り、逆にアルバイトさんに同情してしまいました。(でも、汚いので本当に行きたく無い)

店舗によっていろいろあるでしょうけれど、なんか本当に二度と行きたくなくなったのでした。



【日記 : 世間話の最新記事】
posted by at 2014-08-03 21:12 | Comment(0) | 日記 : 世間話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX