コンテンツ開始

2014年08月12日


少女ファイト(11) はなんかいままでの問題をたった1巻で見事に解決してしまった。

少女ファイト(11) (KCデラックス イブニング )




レビュー読むと、みんなそう思っているみたいです。ただ、このお話はバレー漫画でありながら、登場人物のメンタル部分を軸として、『ドラマ』として読む漫画なんで、いままで結構つらかったです。基本は面白いのですが、なかなか次巻が読めないので、いろいろ忘れた頃にまた少しドラマが進む。そしてまた登場人物の苦悩が続く。

で、この11巻で一気にその負の伏線を、プラスマイナスゼロぐらいに持って行って『希望』がドラマの要素に加わりました。でも、これって結構難しいと思うのです。いままで、こんなに見事にストーリーをうまくリセットしたのを読んだ記憶が無いのでそう思います。

となると。

終わりは近いかもしれないと読んでしまうのですが、この漫画はなんだか綺麗に終わりそうな予感がします。



タグ:漫画
posted by at 2014-08-12 01:58 | マンガ : ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了 base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX