コンテンツ開始

2014年08月12日


クレイモア : 追い詰められるクレア。しかし、約束は既にあった。結ばれた運命の時…

CLAYMORE 26 (ジャンプコミックス)




そもそも、最弱の戦士として誕生したクレアの、クレアとしての最大限の奮闘が描かれます。読者は皆その事を知っているわけですが、最後の最後まで『クレア』に期待し、皆、心の中で切り札が無い事に気がついています。

今までのお話の流れとしての伏線は、自分のレビューを掘り返してみると16巻から続いていました。いや、それらは確かに正しく、それぐらいしか読者には気が付かない内容です、『クレアの完全覚醒』が最後の切り札だと思っていました。

しかし、この巻で『プリシラ』にその結果を完全否定されます。そう、ついに作者の本音が出ました。『切り札は別にある』と、いままで我々の意識を意図的にそらしていたようです。もちろん、気がついていた人も居るかもしれませんが、今回作者の切り札には脱帽です。

この巻、絶対に後ろから開かない事ですね。


過去のレビュー

クレイモア。意思を維持して覚醒
クレイモア(21) : とにかく、発刊スパンが長いのがタマにキズ
『クレイモア 22』の影にやっとクレアの影が・・・・
クレイモア : クレア復活。



【マンガ : ファンタジーの最新記事】
posted by at 2014-08-12 14:36 | Comment(0) | マンガ : ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX