コンテンツ開始

2015年04月05日


心肺蘇生法に『人工呼吸』は必要無いそうです( 訓練を受けていない市民救助者は行わなくてよい )

人工呼吸、省略OK? 変わる心肺蘇生法 京都市消防局が救命講習

詳しい背景は解らないですが、『心臓マッサージ(胸骨圧迫)』だけなら男性であればなんとかなるのは間違い無いですよね。なんでそれでいいなら、いままで放置されていたのか不思議でたまりませんが、こういう情報はもっと大きく派手に打ち上げて欲しいです。

そもそも、人工呼吸には『感染』の危険性あるし

心肺蘇生法(Wilipedia)

5.心臓マッサージ(胸骨圧迫)
胸の真ん中に手の付け根を置き両手を重ねて、肘を真っ直ぐ伸ばし、少なくとも100回/分以上の速さで継続出来る範囲で強く圧迫を繰り返す

6.気道確保(A:Airway)
訓練を受けていない市民救助者は行わなくてよい。

7.人工呼吸(B:Breathing)
訓練を受けていない市民救助者は行わなくてよい。

8.AEDによる除細動
AEDが到着したら使用する。
体が濡れていれば拭き取る。
それ以外の手順はAEDの音声ガイダンスに従えば良い。
あと、『極力まわりの人を巻き込む』のが当然重要ですね
【知恵メモ : 生活の最新記事】
posted by at 2015-04-05 20:41 | Comment(0) | 知恵メモ : 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX