コンテンツ開始

2016年04月08日


どっかのフリーフォントの説明記事が間違っているので訂正しておきます

ゴシック体で汎用性の高い日本語フリーフォント10選【商用利用可】 という記事ですが、かんじゅくゴシックの説明にあやまりがあります。

▼ 誤り
オンラインのアプリ・プログラム・ゲーム・ウェブフォントとしての利用はできません。
そもそも、IPA フォントのライセンスは、派生プログラムが元の IPA フォントのライセンスの趣旨に反して制限を加える事を禁止しています。簡単に言うと、IPA フォント使ったら全ての人が自由に使えるフォントでなくてはいけません。 なんですが。 無理も無いのです。IPA フォントのライセンスが難解すぎて解らなくて当然で、多くのフォント関連の人達がIPA フォントのライセンス に対する明言避けてます。みんな、オリジナル読んで自分で判断してね・・・となってます。ですが、そうしていると IPA からメールが来てライセンス違反を突っ込まれたりする事があるわけです。 かんじゅくゴシックの作者さんも、紆余曲折があって、過去に制限を加える記述をなさってた事があるのですが( WEBアーカイブ見るといろいろ変遷してます )、現在の文章はわかり難いですが、一切制限事項は書かれていません。 よく誤解される、WEBフォントに関しても、『IPAライセンスに基づき有償・無料を問わずウェブフォントとしてサーバー上に契約書の添付なくアップロードはできません。』とあります。つまり、契約書の添付を行えば使ってもいいわけで、それは IPA フォントのライセンスに正しく沿っています。 よくある質問とその答え(FAQ) | IPAexフォント/IPAフォント WebフォントのCSSとライセンス記載まとめ IPAフォント(or IPAフォントの派生フォント)はWebフォントとして使用できるか? IPAフォントライセンスv1.0 の骨子について (それぞれの記事のリンク先にも情報があって、とても難解ですよ) また、『オンライン上のアプリ・プログラム・ゲーム用・ウェブフォントとしてお使いの場合は以下をご覧下さい。』と、自作の他のライセンスが及ばないフォント(じゅくゴシック)の紹介をされています。 じゅくゴシックは、漢字は入っていません。 かんじゅくゴシックは、確かに昔はオンラインで使う事をはっきり禁じた文章がありましたが、現在(最近ですけど)は正しく変わっているのです。 よって、『オンラインのアプリ・プログラム・ゲーム・ウェブフォントとしての利用はできません。』誤りです
【日記の最新記事】
posted by at 2016-04-08 22:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX