コンテンツ開始

2016年11月25日


毎年の年末行事。『さくらインターネット株式会社のドメインの更新料金』の支払いは、勝手に契約更新時期とずらして請求が来るようになって久しい

当然最初の契約(2005年)とドメインの取得は同時にやってるのですが、2007年から請求を2回に分けられるようになってしまいました(なんか向こうの都合で契約だけ一ヶ月後になった)。となると、当然振込み手数料を2度支払う事になるんですが、1回だけ不満を言ったら以下のような返信が来ました。
「JPドメイン(ne)」と「さくらのレンタルサーバ・スタンダード」合計額でのお
支払をご希望の場合、12月10日に「さくらのレンタルサーバ・スタンダード」の
請求を行わせていただきますので、請求の案内後に合計額(8800円)でお振込い
ただけますようお願いいたします。
12月10日以前にお支払いただきました場合、請求が出来ておりませんため過剰金
の扱いとなります。

ドメインの契約期間が2007年12月31日となっておりますので、12月28日までにに
お支払が確認できません場合、ドメインは12月31日で廃止となります。
誠に恐れ入りますが、12月10日の請求が届きましたら、早い時期にお支払いただ
けますようお願いいたします。

なお、その場合「JPドメイン(ne)」のお支払期限の11月30日を過ぎますため、再
請求のお知らせが12月5日頃に届きますことをご了承ください。
でまあ、そのときはこの内容に合わせて一回で支払ったんですが、当時のイーバンク(現楽天銀行)使うようになって、振込みを家からできるようになった事もあり2回に分けて支払ってます。 自分の場合、月一回は振込み手数料が無料になるので、『使わないと損だ』と言う意識も働いてしまうので。 こっからは単なる記録です。 ログインパスワードと、ワンタイムパスワードと、振込みパスワードで守られた振込み処理です。 赤枠中は、いろいろ突っ込まれたんでしようね、なんか言い訳言ってます。でも、2007年にはこう言ってました
「さくらのレンタルサーバ・スタンダード」の契約期間は2007年12月31日でござ
います。こちらのサービスは昨年の更新時に契約期間が12月末日まで延びており
ます。そのため、今回の請求は昨年より1ヶ月後となっております。
当時ちゃんとした説明なし、って事です。 ▼ 楽天銀行の処理 当時カード持ってなかったのです。今となったらカードで支払ったらいいんですけどね。
【日記 : インターネットの最新記事】
posted by at 2016-11-25 22:55 | Comment(0) | 日記 : インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Custom Search
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX