コンテンツ開始

2010年11月05日


Amazon で注文。配送料無料。

昨日 Amazonギフト券 で発注しました。
その時は忘れてたのですが、配送料無料だったのを思い出しました。


ご注文の確認メールは、まだ文言が微妙ですが、配送料は 0 です。
***********************************************************
	注文内容
***********************************************************

配送情報 

この注文はできる限り商品をまとめて発送されます
***********************************************************
注文番号:			999-9999999-9999999
注文内容は以下のURLからご確認ください: https://www.amazon.co.jp/gp/css/history/view.html

配送方法:		通常配送
発送オプション:		できる限り商品をまとめて発送(最小限の配送料・手数料がかかります)

小計:                           ¥ 1,149
配送料・手数料:                   ¥ 0
                              ---------
購入価格合計:                       ¥ 1,149
税:*                              ¥ 57
                              ---------
合計:                           ¥ 1,206
クーポン:                            -¥ 0
                              ---------
合計:                           ¥ 1,206
Amazonギフト券:              -¥ 1,206
                              ---------
この注文の合計:                          ¥ 0

Amazonポイントの合計はマイポイントページで確認できます: http://www.amazon.co.jp/MyPoints

お届け先

※※※※※
999-9999
大阪府 ※※※※※※※※※※※※※※※

お届け予定日: 2010/11/6 - 2010/11/7

1 "Famous Faces 2011 Calendar (Square Wall Cal)"
Te Neues Pub Group; カレンダー; ¥ 1,206
Amazon アソシエイト でもらった、Amazon ギフト券の使い道困ってたので
ちょうどよかったのでした。


posted by at 2010-11-05 10:09 | Comment(0) | 知恵メモ : インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日


家族用「おおきなやさしいアドレスバー」

Helpurl

おそらく、WEB 上で最もシンプルなオンラインサービスでしょう。

最初なにがしたいのか良く解らなかったのですが、よーーく聞いてみると、
アナログの広告とかに記載してある URL を開きたいという事だったので
すが、PC に慣れない小さな文字の見えにくい人に、アドレスバーの入力
の手ほどきする自信が無かったので作りました。

できあがったのが、昨日の夜遅かったのでまだ試してませんが・・・・


posted by at 2010-10-30 23:33 | Comment(0) | 知恵メモ : インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX