コンテンツ開始

2010年07月22日


【レビュー】とめはねっ! (2) 「ワホワホ」

とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)



もう6巻まで読んだ後なので全体像が見えているのですが、やはり話作るのが
うまいなぁ・・・という実感です。加茂ちゃんと三輪ちゃんを中心に一定のリ
ズムで学生生活の世界というか空間ができていて、それに絡むキャラとして主
人公らしき二人のキャラがあるように思います。他のキャラもそれぞれ立ち位
置がしっかりしていて、適当な所でふくよかなお話になるというか、きっちり
「犬」まで存在感を発揮しています。

特に、主人公の一人の「半柔道少女」の天然ぶりは小気味よいですね。帰国子
女のナイーブな彼の目線で語られているような感じは受けますが、結局メイン
5人の物語ではあります。6巻まで読んだ限りその路線は特に崩れてはいませ
ん。

とにかく、「半柔道少女」の妙な「ガチャピン男子」への対抗意識は笑えます。
「本人は気付かないうちに好意を持つ」という王道ぽい伏線も後にあるのです
が限りなく薄いです、いまのところ。なんと言ってもまだお話は始動し始めた
ばかりというか、2巻時点でわざわざケチつけるレビューの意味がさっぱり解
りません。

気分悪くなるので、レビューリンクは無しです。



posted by at 2010-07-22 21:31 | Comment(0) | マンガ : 学園もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日


【レビュー】聖☆おにいさん(5)

聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)



この作品に関しては、他人のレビュー読んでも仕方ないなぁ・・・と痛感しました。もちろんいいレビューもあるのですが、そもそも褒めるのが難しいんですよね。もう、芸人さんに対するように、

「ファンです」

と一言言うのが最良の方法とさえ思えて来ます。そう言えば、鳥居みゆきと似たところがあるようにも思います。なんだか天然のようで、そうでも無い計算されているとしか思えない所があって、日本人の感性の微妙なバランス位置を突っ走っているけれど、めったに外さないと言うか・・・・

はらはらする所はけっこうおなじかもです。


posted by at 2010-07-17 19:06 | Comment(0) | マンガ : 学園もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「とめはねっ!」の "ねっ!" って「帯をギュッとね!」

とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1)
 (ヤングサンデーコミックス)




ずっと、何だかよく解らない親近感を感じていて、この第一巻借りて
読んでいても、最初のうちは気が付かなかったのですが・・・

加茂ちゃんの顔を見ているうちに・・・

「あれ??」

そのうち主人公が柔道し出すし、やっとここで気が付きました。あの
物語書いた作者さんだったんですね。謎が解けてから、あの物語のノリ
が加茂ちゃんを中心に思い起こされて来て、なんだか楽しくって結構
ワクワクです。

で、そもそも主人公が何故パっとしない、男の子かというと、この1巻
のカバーの4コマに描いてあります。物語は、10人読んで7人がおもし
ろいと思えばいいわけで、自分は見事に、その7人に含まれました。


頼むから、残り3人の人はわざわざレビュー書かないでほしいです。
あと、レビューにあらすじ書かれてもねぇ・・・・
なんか、すっごいへこむんですけど。


posted by at 2010-07-17 18:46 | Comment(0) | マンガ : 学園もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日


黄金色(きんいろ)の狼

 
似てないと思うんですけど、こういう感じの春道がそもそも
殆ど描かれて無いので、これはこれでありなんでしょうね。

けどリアルです・・・

当時でもこのクローズ全26巻は人気商品でなかなか揃わず、
古本屋いくつもまわってコンプリートしたのを覚えてます。

 
「うまいこと言うじゃねーか、パルコ」

「だろー、オレはこう見えても詩人だからな」


posted by at 2009-07-21 21:52 | マンガ : 学園もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日


ハリスの旋風

旋風と書いて、「かぜ」と読ませます。

さすがに古すぎてこの原作は読んでません。
アニメで見てましたが、私の世代ではしかたないでしょう。

でも、「ちばてつや」ならこれは外せないですものね。







posted by at 2009-05-16 21:09 | マンガ : 学園もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了 base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX