コンテンツ開始

2011年02月05日


神の雫27 / 後半のエピソードは良く無いです

神の雫(27) (モーニングKC)

早くもレビューが一件ありましたが、同感ですね。簡単に言うと、発想が安易
で、悪く言うと、手抜きとしか思え無いです。ひょっとして、本来の作者であ
る、亜樹 直が病気か何かで代理で誰かが原作描いたとすら思います。


カスタマーレビュー

このお話は、まるで舞台で演じるかのような遠峰一青のストイックなキャラと
能天気ではあるが、主人公としての輝きのある青年を通して「ワイン」という
世界観を楽しませる作品のはずで。

とても良く出来ているからこそずっと読んでいますが、漫画と言う媒体では力
不足なテーマを、なんのヒネリも無く何話も使ってました。その中では「歳を
取ると死を感じる事がある」というくだりがあり、これが同感できるからこそ、
その後の無責任さを感じずにはいられません。自分の中では矛盾という大きな
壁ができ、物語が空虚にしか見えなかったです。

その後の、遠峰一青の「やさしさ」を演出したエピソードは、大きな流れと前
回の勝負とリンクしており、単純な内容だけれども意味がありました。

どう考えても、「ゴーストライター」が絡んでるのだと思ってしまうのでした。


posted by at 2011-02-05 10:08 | Comment(0) | マンガ : ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日


ソムリエール




あの、「ソムリエ」ほどのインパクトはありませんが、主人公が女性という事
もあって、こじんまりした青年漫画雑誌にふさわしい人間ドラマの秀作です。

画風のせいかもしれませんが、特にワインの才能以外は特別なものを持たない
主人公の彼女を軸として、淡々とワインにまつわるお話を読み進める事ができます。

そろそろ、ちょっとお話の背景にメリハリ欲しいのは事実ですけどね。


で、ソムリエは稲垣吾郎でドラマ化されたのもかなり前で、
稲垣吾郎はかなり「変人」として主人公を演じていましたが、
本編は別物なので、ご一読の価値はあると思いますよ。





※ 城アラキの wikipedia



posted by at 2009-06-24 20:29 | マンガ : ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX