コンテンツ開始

2013年06月28日


DAZ3D : Midnight Marge City



古い DAZStudio で作ったキャラクタを引き継ぐ場合、プロパティの保存をしておいてから新しいフィギュアに 適用するといいです。( ポースはゼロポーズ )

衣装は無しで、古い状態で使えなかった体型の調整をあらためて行ってから衣装を着せなおすとフィットしやすいはずです。

DAZStudio 4.5

4.6 になったんですが、ちょっとまだ過去の資産すら整理できていないので、Genesis2 はまだ当分先です。Windows8 の PC にインストールする手があるのですが、まだあちらも 8.1 になろうかという過渡期なので。



DAZStudio のちょっとした便利処理



対象物をシーンで選択しておいて、『Paramaters』の左上のメニューでいろいろできますが、特にフロアにピタッと接地させるツールは、対象物のスケール変更した後の処理に便利です

パーツの簡単な色変え

Surface の Diffuse カラーを調整するたげで変更できます。以下の鎧は同じものなのですが、『Midnight』というシーンでメリハリが出るようにデザインしました。



同様の処理で、ロボットの発光部分( オリジナルは空色 ) を黒くしてあります。ロボットの左手部分の赤い発光は、ポイントライトを掌に接近させています。そう言えば・・・・左手掌周辺に霧効果をいれてみたいですね。



掌の発光を大きくしてみました



もともとのロボットのスケールがかなり大きくなっているので、ポイントライトがデフォルトでは小さいです。そこで、Paramaters で発光範囲の球の大きさ制限を取り払って発光度をあげました。



※ オリジナルシーンでは、脇役なので発光はあまりさせていません。


posted by at 2013-06-28 16:51 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日


DAZ3D : 竜を駆る少女





正直、絵を創るので精一杯で、何かを添えて書く気力はだいたいにおいて無くなってるのが通常です。なもので、絵はたくさんあるくせに、ブログで貼ってないものがたくさんありすぎます。

自分は夢物語が好きです。で、自分創れるものはこれしか無いのでちまちまとやっているのですが、『コンテンツ』に変えるほどの力量も無いので悩むことが多いです・・・・。

だってプログラマなんですし。

コンピュータの専門学校で講師を始めてもう10年を超えてしまいました。なんの運命なのか、こういう職業はまっこと普通では無いといまさらながらに思います。時間は普通の会社員よりはるかにあった10年間だったはずなんですが、何があったのか、からっきし印象が薄いです。

唯一教え子にはめぐまれたと思ってるんですが、どうも卒業してしまうとこちらからは声をかけ難いんですよね。そういう性格はほんっっっとうに嫌になります。

もう10年たったら、何か変わっているといいんですけれど。






posted by at 2013-06-20 00:03 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日


DAZ3D : Forest Night Hawk ❸



最初、背景をモーションぼかししてみたんですが、あまりパッとしなかったので、人物の残像を作ってみました。もうちょっと表情作りこみたかったのですが、人物の再構成とかいろいろ時間かかりすぎて、出来上がったのが『進撃の巨人』始まる直前だったので、これでひとまず完成にしました。



posted by at 2013-06-16 02:37 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日


DAZ3D : Forest Night Hawk ❷



背景に人物を置くだけでなく、もっと動きのあるものを作る予定だったのですが、とりあえず樹木を使ったポーズをまず作ってみる事にしました。

オリジナルレンダリングから、レベル調整で全体に黒っぽく変更し、透明オーバレイレイヤで、まず茶色のグラデーションで樹木を部分的に雰囲気変えをして、透明覆い焼きレイヤでブルーのグラデーションを使って人物を強調させました。最後に背景の明るい部分を透明通常レイヤでつぶして行きました。


posted by at 2013-06-14 21:39 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZ3D : ドラゴン・シティ ❸

熱帯夜です。30度ありますが、窓を開けていると夜の声が聞こえて来て、とても心地よいです。

これは『嗜好』かもしれませんが、黒い部分が多くなって、影がはっきりする夜の絵が好きです。正直誤魔化しが効くせいもありますが、そもそも発想・嗜好ともに漫画やアニメなので、リアルなライトでイラストを強調する技量がまだありませんし。

特に、この街のように建物が大きくて多いと、DistantLight が殆ど到達しないのでとても難しいのです。最初はなんでそうなるか解らなかったんですが、遮蔽物があるとその外側へ、大きいものがあるとそれを見渡せる遠い場所へライトが自動的に設置されるようなんですが・・・・まだ謎が多いです。






関連する記事

DAZ3D : ドラゴン・シティ ❶
DAZ3D : ドラゴン・シティ ❷



posted by at 2013-06-14 02:11 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日


DAZ3D : この森の住人



フィギュアは、Genesis の Hitomi ベースです。The Enchanted Forest の中の一本の木をクローズアップして上方の光を見上げる『森の住人』の絵です。専用の特殊効果で雨が降っているのがかすかに背景で解るんですが、光の対比が大きすぎてあまりよく解らない印象です。

自分の使っているディスプレイがあまりおもわしくなく、とても暗いようで、仕事先とかであらためて見ると光の部分が家で見るよりとてもまぶしいですが、貧乏性なんで当分こんな感じで行くと思います。

森の背景は結構カメラ位置が難しくって、カメラを何台も置いて位置探ししながらライトを調整しながらひたすらレンダリングを繰り返します。とにかく、なかなか決まらない事が多くなりました。背景無しで方向性ライト二つで陰影出すだけならいとも簡単なんですけれど、3D 背景と ライトの影にリアル効果を反映させるとレンダリングに時間かかるのに、レンダリングしてみないと陰影の具合がわかりません。方向性ライトって障害物あると、人物に到達しないんですよね・・・・あたりまえですけれど。

ライトの勉強ってどうすりゃいいんでしょうね。やっぱ、場数なんでしょうね。


posted by at 2013-06-08 02:42 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日


DAZ3D の エルフの特徴

上唇がぶあつくって(下も上にあわせて厚い)、アヒル口?
目はまんまるで瞳が大きい。
鼻先がちょっとまんまるっぽい。

▼ こんなの
Barliecorn for Aiko 4

というキャラを目指して作ってみたんですが、やはり自分はアニメっぽくなってしまいました。



最近はできるだけ背景やライトやカメラに力を入れるようにしているので、なかなか仕上がりに満足行くものができません。まあ、そこで、そこは複数作成してバリエーションでカバーです。



考えてみれば、いろんな角度からいくつもできるのが 3D の強みではあるんですが・・・。それなりにこだわりがあって、そんなに軽く沢山作れるものでもないのです。で、何日かに分けて作ることになるわけでして。



3D のおおきな表情は、かなり難しいです。微妙な表情はわりと簡単で、ライトの陰影でさらに雰囲気をつけれますが、大きな表情は、基本顔の構造が壊れて行くので、ライトで逆に影を消す作業が必要になります。



ま、でも、収穫もありました。



D
posted by at 2013-06-05 22:25 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日


DAZ3D : ドラゴン・シティ ❷

▼ 今回、作り直したやつ

full サイズ表示

人物の周りに物が多くなると、ライティングの調整やら、カメラの調整やらやることが多くなった上に、レンダリングしてみないと結果が解らない事が多くなりました。まあ、時間さえあればいつまでもやっていたいのですが、本業の合間ですし。



それでも、既にどこかで出してしまった画像を出すのも気が引けたので、いろいろやってると2時間とかすぐに過ぎてしまいます。

しかし、ライトの当て方だけで女性の顔の出来栄えがここまで違うか・・・という事にはあらためてびっくり。引いてる時は目を見開いたほうがいいとか、寄った時は閉じぎみで微調整するとニュアンスが素敵だとか。ほんと、・・・また30分経ってしまった・・・。


▼ 最初に作ったやつ



関連する記事

DAZ3D : ドラゴン・シティ ❶
DAZ3D : ドラゴン・シティ ❸



posted by at 2013-05-31 14:04 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日


DAZ3D : ドラゴン・シティ ❶

Urban Future 4 :Street Level は40ドルなんですが、何故か買ったら5ドル値引きしてくれました。これは前から欲しかった『シティ』の 3D 背景で、相当なシーンを使えます( 広い )。ただ、看板が日本では無い漢字看板なんで、基本的には Surface で透明にして消しています。





一つだけ何故か『新大阪』とかあります。



最初、ライトの具合が解らずに適当にレンダリング始めたら、1時間半かかってしまいました。( これは、Urban Future 4 Psy District も買って、ライト多すぎ状態で開始してしまった )

▼ これがその、かなり FULL ライトの画像



キャラも昔ざっとテストした適当なものを持って来たので、自分の味がまだ出ていない状態で、いわゆる DAZ っぽい洋風となっております。

あと、The Enchanted Forest も持ってるし、Node Instance でビルや木はコピーできるので、背景的にはメモリさえ許せばかなり広いものができる・・・・はずです。







関連する記事

DAZ3D : ドラゴン・シティ ❷
DAZ3D : ドラゴン・シティ ❸



posted by at 2013-05-19 00:46 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日


DAZ3D : Forest Night Hawks



森とライトの関係って理解するのにもう少しかかりそう・・・。影のタイプも二つあるし、木の葉の影は片方を使うようなんですが、7つの光で太陽光を表現しているんですが、まだ良く解っていません。

下の画像は全く同じカメラ位置で7つの光なんですが、ライトの一つの角度を変えてしまうとキャラに光が届かなくなってしまったので、スポットライトを一つ追加して当てたものです。おっそろしく変わりますね。





posted by at 2013-05-09 23:56 | Comment(0) | DAZ3D DAZStudio イラスト 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX