コンテンツ開始

2012年01月08日


『トランスフォーマー(ダークサイド・ムーン)』の価値



レビューではかなり突っ込まれてますが、映像の凄さは誰もが認める
ところなので、個人的にはそれで十分だと思いますね。とにかく後に
も先にも他で見れないものなんで。

こういう実績作ってくれただけでありがたいです。

さらに、うちんとこローカルでは、新作 140円 なんで十分な価値なん
です。そりゃあ、高い映画館行った人はいろいろ文句言っていいと思い
ますが、しょせん自己責任ですしね www

レビューにいいコメントがありました。

>考える人には向かないです。

ナイス!! と言いたい。


トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン [DVD]






タグ:VideoMovie
posted by at 2012-01-08 21:55 | Comment(0) | VIDEO : 映画 : SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日


世界侵略 ロサンゼルス決戦 : 10人からなる海兵隊2-5小隊が、宇宙人を相手に地球を救うミッションを成功させてしまうストーリー



何故そういう流れになったのかは、本編観てのお楽しみ。予想以上に良くできた
お話で、端的に言ってしまうと『戦争映画』では今時はやらないので、敵をエイ
リアンにして、新鮮にしたものです。

ただ、相手のエイリアン達が何故か陸上戦を行うと言うのと、なんとか海兵隊の
火器でギリギリ倒せる設定になっているという事が10人でも地球を救えるという
理由なんですが、まあ、真剣に突っ込むといろいろありますが、『映画』として
は申し分ない出来です。

女性兵士が途中から一人参加しますが、こういう役どころにはうってつけの、誰
でも一度は観た事ある女性です。特に活躍はしないですが、野郎ばかりよりはや
はり場面的に映えますね、いいキャストだと思います。

戦争ものではありますが、そもそも民間人の救出に出た小隊(ほとんど分隊)なの
で、レスキューが殆どのストーリーを占めます。エイリアンを倒す為の情報を知
るのは全く偶然であり、主人公が意を決して突入するのが最後の展開なんです。

だから、そんなに重いものでは無く、軍服着た『戦隊』ものだと思えばいいかも
しれません。

ちなみに、英文の説明見ても、『platoon』って書いてますね、人数的には『squad』
なんだと思われますが、英文にもたぶん『語感』 ってのがあってかっこいい呼
び方してるだけなのかも。


世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]




TSUTAYA で本数が多いわりに、レンタルされているのが少なかったので『ハズレ』
かと疑ったのですが、時期的に家族には受け入れられないのと、対抗馬にトランス
フォーマーとスーパー8があったせいでしょうね。ハリーポッターもまだ新しいで
すし。




タグ:VideoMovie
posted by at 2012-01-07 19:26 | Comment(0) | VIDEO : 映画 : SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日


【レビュー】第9地区( District 9 )

District 9 [DVD] [Import]




映画の善し悪しの基本線は、退屈するかしないかだと思うのですが、
少なくともそういう流れは全く無いままに、最後まで一気に見れます。
未公開映像のいくつか見ましたが、ちゃんとどうでもいいところは普通
に切ってあります。

あと、期待感というものがあって、あまり期待しすぎると妙な先入観持
ってしまって損したり、アラ探ししたりしちゃいますが、そも、B 級的
な匂いがあって、「多少グロテスクかも・・・」みたいな警告あるので
すが、あれは逆に商業的にはうまくいっていると思います。というか、
TSUTAYA の在庫本数でどれだけ受け入れられるかはもう結果出てるんで
すけれど。

今回久しぶりにレンタルとして特典映像があったので、全部見ましたが、
南アフリカのアパルトヘイト等の政治問題は意識して作っているのでは
無く、企画からの流れでそうなっているだけです。あまりそのへんは気に
しないでいいです。ただ、ウソか本当か、エイリアンから取り上げた武
器の倉庫として昔本当に核兵器を保管していた倉庫を使ったとありました
が、これはどっちでも(ウソでもホントでも)作品を後押しするいいエピ
ソードです。

グロテスクってのを多少自分も気にしていたのですが、アニメ好きなら
ふつうの内容です。別に気にする必要無いというか、架空だと割り切って
観ているので、あそこまでリアルにされると逆になんでも無いです。
そのへんをワザと見せて嫌悪感を引き出そうなんて演出は全く無いです。

レビューが思いの他絶賛でしたが、それは、DVD のほうで、ブルーレイ
+DVD のほうは冷たかったですね。あのパッケージがバカっぽ過ぎたのか
もと思ってしまいました。が、正直秀作である事は間違い無く、いつもの
ように好みで差が出るのですが、年寄りや子供の見るものでは絶対無いで
す。そういう視点なら何もおもしろく無いですから。


最後はなんか、あの妙にヘボい主人公の行く末を案じながら心の中で応
援してしまいます。とにかく、最後の盛り上がりは日本人の好きな流れ
です。



タグ:VideoMovie
posted by at 2010-08-19 03:48 | Comment(0) | VIDEO : 映画 : SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日


サロゲート(代用物)

サロゲート [DVD]





自分はブルース・ウィルス好きだし、彼の魅力ってうまく言えないけれどあのどこか、なんでも笑ってすましてしまいそうな笑顔とタフネスさ。

もちろん、物語によってはそうもいかない場合もありますが、ずっと観て来たファンにとってはいろいろな人間像が重なるものです。

ですから、この物語だけで言うと、

「レビューは期待できそうもないなぁ・・・」


と、やっぱり思った通り。もうちょっと、期待を裏切るようなとんでもないレビュー書く人出てこないかなぁ・・・なんて最近良く思います。

誰が読むか解らない、またはたぶん読んでると思いこんでいるTwitter の多くの作者のほうがよほど文章は大事にしていると思います。限られた文字数だからでしょうか。

レビューって、なんかただの掲示板化しているよなぁ・・・


ま、物語に関して、最後のラストは共感できています。そもそも、それが今回の主人公の原動力なんだし、特別ミステリーでもなんでも無く、「彼」のお話なんだと思います。

ところで、この殺人方法は、「フリンジ」に出て来たものと似てると思う
のですけれど、どっちが先なんでしょう:-)



タグ:VideoMovie
posted by at 2010-05-23 17:36 | Comment(0) | VIDEO : 映画 : SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日


STAR TREK : Beginning : 最高ですね、涙出そう

スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]





見るまで気が付かなかったんだけど、レナード・ニモイ出てるし。
ほんま、感動一色。


続きを読む




タグ:VideoMovie
posted by at 2009-12-31 19:23 | VIDEO : 映画 : SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日


な・が・い。トランスフォーマー/リベンジ

トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]



パッケージ見直したら、150分だった。そりゃ長いわ。

退屈したわけでは無いですけれど、物語を見てて「長い」と感じたのは
ひさしぶりです。それだけの時間をじっとしてると辛い自分の体が老いたのでしょう。

もっと遅くに生まれたかった。もっと生きていたい、と
こういう作品見たら思います。今は制作にお金がかかりすぎて、
誰でもどこでも作れるものでは無いでしようけれど、CM の鉄人
見てたら、

「え? え・・・・」

なんて。

100年経ったら夢の世界かもですね



それから、本編とは直接関係無いですけれど、
レビューってくだらないシステムだと最近思えて来ました。

最近、読んで愉快になった事が無いです




タグ:VideoMovie
posted by at 2009-12-27 17:12 | VIDEO : 映画 : SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日


GIジョーとターミネーター4

G.I.ジョー [DVD]





出来不出来という問題は無いです。どっちも面白かったです。
でもどうしたって GIジョー < ターミネーター4 という式が
頭の中で構築されます。やっぱり、歴史なんでしょうね。
ふつう、たいていの人がターミネーターには思い入れがあります。

どんな最近のいい作品だって、かつてのスターウォーズや
エイリアンやバックトゥザフューチャーには勝て無いですもの。
思い出の中に居座り続ける作品に勝るものは無いでしょう。

それはそれとして。

GIジョー = 軽い
ターミネーター4 = 重い

という背景の違いがありますので、対象年齢的には前者が
幅広いのは間違い無いですね、スパイキッズやトランスフォーマー
と同じ波動を感じます。ターミネーター4は、小学生が観て
面白いかどうかは疑問ですし。

そういう意味で、GIジョーは、ティーン向けになってると言って
いいような気がします。ヒロインというか彼女の立ち位置がとても
物語に良い味付けになっています。普通の大人は最初から結末
解って観てるはずですけど(笑) もう、解りやすすぎ。

ターミネーター4も筋はすぐ読めます。何故わざわざ小さなケガ
をしてキズテープで張るのか。そのシーンはある意味を除けば
不要なシーンですものね。めちゃめちゃ違和感というかノイズ。

惜しいのは、ターミネーター4の俳優の魅力がイマイチとび抜けて
無いところ。いわゆる軍隊もので出て来るような一般的な逞しい
男性が二人居てる・・・程度でしか。そういう意味ではやはり
シュワちゃんは凄いです。


ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]











タグ:VideoMovie
posted by at 2009-12-15 13:18 | VIDEO : 映画 : SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX