コンテンツ開始

2015年09月19日


Google の検索結果から消えていたのは、seesaa.net サブドメイン全体のお話でした。



Seesaa ブログが検索結果から消えた・・?
【衝撃】SeesaaブログがGoogleからペナルティを食らって全ブログが検索結果から消滅

この事実に気づくのに時間かかりました。最初、自分限定だと思い込み、以前から気になっていた問題点等を少し改善したりしてたのですが、やはり腑に落ちないので改めて調べてみると、全国的事件でした。

リンク先に目を通してもらうと解りますが、『独自ドメイン』を利用しているブログは無傷です。ウチもそうですが、seesaa.net のサブドメインは、普段日に 900 ぐらいあるアクセスが 300 でした。てっきり、自分が原因か、シルバーウィークのせいを疑ったんですが、ある意味『ホっと』としました。

ダメなら、独自ドメインにすれば済む事だし、なんなら本来のサイト内の WordPress に移行していってもいいので、Seesaa は重すぎるので今後の動向によればいいチャンスかなと。

ま、でもシャレにならないのは Seesaa でしょう。事と次第によったら、撃沈するかもしれませんものね。



posted by at 2015-09-19 00:56 | Comment(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日


ウフィツィ美術館のヴィーナスの誕生をストリートビュー静止画で観る



こちらから URL を取得できます
( 緯度・経度は 43.768333,11.255963 です )

移動しながら、記念写真撮るようなもんです。





posted by at 2013-07-12 11:53 | Comment(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google+ のアカウント名は『片方がイニシャルでもOK』だそうです。

Google+ プロフィールの名前付けポリシー

イニシャルや名前だけを使用することはできますか?

2 つの部分からなる名前を入力する必要があります。どちらか一方をイニシャルにすることはできますが、両方をイニシャルにすることはできません。たとえば、「Jane Smith」、「Jane S.」、「J. Smith」は可能ですが、「J. S.」とすることはできません。
Facebook を確認すると、イニシャルは許して無いようなんですが、明記はされていませんでした。以前はあったような事がネットには書かれていますが、そもそも『イニシャル』という文字列を Facebook の中で見つけることができませんでした( イニシャルで登録したという人も居るようですが ) また、こんな Facebookヘルプチーム とのやりとりも見かけるので、一時期チェックが漏れてしまっていた可能性もあります。 片方がイニシャルでいいなら・・・ 珍しい名前が理由で、実名登録に踏み切れない人にとっては気が楽になるんだろうと思います。Google は、検索エンジンという巨大な主導権を握っているのですが、いかんせん説明はヘタですよねぇ・・・。
posted by at 2013-07-12 11:32 | Comment(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX