コンテンツ開始

2012年01月11日


手ブロでめずらしく書き込んだ『宇佐黄(うさぎ)』





▲ なんとなく書いた絵
▼ めずらしく清書( クリックすると大きくなります )




元の絵の大きな絵はなくなってしまいました。まあ、でもこれで清書
した理由は良く解ると思うのですが、『パっ』と書くといまいち魅力
の無い絵になってしまうというか、『うーーん』って珍しく思ったの
で、頑張ってみました。

オーソドックスに目を一回り大きくして化粧させてみてなんとか納得
したので、全てのラインを太めで強弱つけてデザインしました。





posted by at 2012-01-11 01:05 | Comment(0) | 創作 : 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日


今年は『手書きブログ』も転換期かもしれません



MzEditor ばかり使っています。もう、これでカスタムパレットツールは
お役御免です。パレットプラグインも、いらないでしょう、少なくとも
MzEditor を使う人にとっては興味はもっと別のところにあると思います
し。



night wálker - 雲から首を出す龍


決して、『手書き』でくなったわけでは無いですよね。手書きには全く
違いが無くって、ペンタブさえあけばどこでも気軽に描けるお遊びであ
る事は全く変わっていません。

GIMP は結構昔から使えますが、それで絵を描こうなんて思わないです
もの。そんな事言ったら、ブログなんて誰もしないで、PC にメモ帳で
書き込むでしょうに。全く同じ、音楽を好きな所で楽しむのとなんら
違いは無いわけですから。


システムが複雑になったぶん、今後カスタムパレットツール以外にも出
る幕はあるでしょうし、事実、新しいデザインについては、絵を描く才
能とは全く別個のもので、自分のテリトリーですからね。


はい。



手書きブログ
HTML編集( HELP )
利用可能な変数一覧

手書きブログ。 - NAVER まとめ






posted by at 2012-01-06 16:56 | Comment(0) | 創作 : 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日


片道2キロの初めてのおつかい


このシリーズは時々見ますが、とんでもなく長い
シリーズだという事を今回再認識しました。

特に今回はスタッフ側にもけっこうスポット
当たってたみたいで、おもしろかったです。


※ 画像をクリックすると大きく表示されます


で、このおつかいで思わず身を乗り出してしまった風景がこれで、
背中で放送聞きながら、忘れないうちにと描き始めました。

けっこう思い通りです。



posted by at 2009-07-22 17:10 | 創作 : 手書きブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了
base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX