コンテンツ開始

2010年05月31日


【レビュー】サマーウォーズ

サマーウォーズ [DVD]


ペンタゴン怒って来ないんだろうか:-)

なんて、ジョークの解らない国じゃ無いだろうけれど、誰かがきっと怒られ
るような気はしたりします。

でもまあ、日本に生まれて本当に良かったと思うのはこういうアニメが普通
に観れる事だと思いますね。溢れる漫画魂と言うか、いくつになっても支え
られている気がします。アニメになる作品は興業上限られてしまいますが、
コミックでは、それこそ洪水のように作品が日々生まれていってるわけで。

観客としては、いろいろな可能性に満足です。もちろん、テイストは好きで
すし、そもそも、あの田舎の風景や大家族や高校生の恋心は、だいたいの日
本人は好きでしょうし、あの、無茶な親父の人物像もよくあるキャラでいか
してます。

ちょいとひねくれた小僧や、結局全てのカギを握る主人公とか、ハッピー
エンドとか、なんだか一通り勢ぞろいですし。


でも、なんと言っても自分の思い出と同調する波長がイチバンでしょうかね。


「夏」はとてもいい舞台でした


タグ:VideoMovie
posted by at 2010-05-31 02:01 | Comment(0) | VIDEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日


ラスト・ブラッド

ラスト・ブラッド スペシャル・エディション [DVD]


画像数 : 5

レビューリンク
あまり期待していなかったのですが、アニメ・漫画世界の実写化としては他に類 を見ないクオリティです。そもそも、ハリウッドがやっても、日本がやっても絶 対こうはならないし、かつ、この作品が最も日本のアニメ・漫画テイストに近い と思います。映画としてはいろいろな欠点もありますが、欠点の無い映画を探し ても意味が無く、次の世代であらわれるであろう素敵な作品の「土台」となる作 品です、間違いなく。 倉田さん出てたのは、ちょっとびっくりして嬉しかったです。日本人としては、 彼が出ているたけで、ピシッと締まった感を感じたと思います。小雪はその風貌 がアニメチックで良かったです。 だいたい、アニメはあんまり俳優がどうこうでは無いのでして、あっさり省略 すべきものはすべきなんで、それを踏襲しているところがいい結果を生み出し でいると思います。ドラゴンボールや GOEMON はそれぞれいいところがあるので すが、「アニメテイスト」的にはこれが一番です。特に戦闘シーンやストーリの 荒唐無稽な割り切りは、こちらの歴史にはかないません。あんなにワイヤーや クンフーが映像になじむんだ・・・と感心しました。 アマゾンレビューは無視していいです(笑) 好みや生きて来た世界で変わりますので、自分で決めなきゃです。


タグ:VideoMovie
posted by at 2010-03-13 16:26 | Comment(0) | VIDEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日


こりゃ凄い。スラムドッグ$ミリオネア




物語というもの特有の、偶然を繰り返して主人公を特化していく
お話なのですが、ただそれだけの「愛」の物語なのですが・・・


鮮烈ですさまじいです。インドという背景の為、日本人は多少
の違和感を感じる部分があるかもしれませんが、十分な完成度
です。よくできてます。誰でも十分引き込まれるように緊張感
が常に継続され、純愛が長い期間に渡って紡ぎ育てられ、謎が
あかされ、クイズに答えて高みへと上り・・・・そして。


もう、出来すぎとしか。





タグ:DVD VideoMovie
posted by at 2010-03-08 22:38 | Comment(0) | VIDEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日


GOEMON

GOEMON [DVD]


画像数 : 3

レビューリンク
レビューは少し心配でしたが、わりと好意的な意見なんでホっとしました。
正直、ストーリ(大筋)も映像も俳優ももうしぶん無いのですが、物語として
魅せるのに失敗しています。ちょっとだらだらしすぎるというか、おそらく
あまりにもとんでもない映像を支える「リアルの人間を使った間」にまだ
慣れていないせいだと思います( 誰もやった事無いんだし )

それほど映像は凄い。

頭の中にあるアニメの動きとドンぴしゃでした。
「もう、これやったら何でもありやなぁ・・・」
なんて、トランスフォーマーの時にも感じたものを再び感じました。

アニメだと、しょせん「人」は映像の一部で「俳優」という巨大な
個性を気にしなくていいので、気持ちよく省略できますが、これは
そういうわけにもいかないだろう・・・・と思いました。それほど
の俳優達ではありましたし。


自分の中では、一つの革命が起きた・・・と思っています。


八岐大蛇とか、神話系やってほしいですね・・・今度は。






タグ:DVD VideoMovie
posted by at 2010-03-01 19:10 | Comment(0) | VIDEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日


ツタヤに行くと、全品半額・・・6枚借りた。

24の最終を借りにいったのですが、

「当日で」

「半額ですので、160円です」

「え゛っ」

店員さんはマニュアル通りに携帯云々をおっしゃるのですが、
そんな簡単に携帯のメールアドレス教えられるわけないやろ。
つーーか、なんだその機械的な対応は。無表情にも程がある。

・・・なんて頭の中では思いつつも、半額のうれしさで
海外ドラマの棚へ直行すると、LOST と ボーンズの最新が
リリースされていたので、5枚レンタル。

こっちは、一週間なので、1075円。

「ラッキー」

と、独り言。
家に着いたら書こうと、この投稿のイメージ膨らませながら
今帰ってきました:-)


現在、シーズンが終わったり、お話しが終わってしまったも
のもありますが、海外ドラマだけで相当数の作品があります。
過去のシリーズも含めると、単品映画なんかバカバカしくて
見てられないというのが、正直な話。

現在だけでも、

24
プリズンブレイク
LOST
HEROES
ボーンズ
SUPERNATURAL
ターミネーター


が最前面を飾っています。
後発の秀作もかなり他にありますし、
使ってるお金考えたら、ちょっと怖くなってしまいますね。


ま、でも観てる時の心地よさ考えればなんの問題も無いですけれどねぇ。


ちなみに、SUPERNATURAL は毎回死にかけるので途中から見て無くって、
ターミネーターは、最初だけみてピンと来なかったのでほったらかし。
でも、ツタヤの扱いは大きいのでたぶんそれなりに面白いだろうから、
いつかそのうち。






タグ:ボーンズ 24 LOST
posted by at 2009-12-16 15:18 | VIDEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日


実写ドラゴンボールとGuyver 2 Dark Hero (1994)

例によって、レビューは読まないほうがいいので省きました。そんなに無茶苦茶は言ってなかったですけれど、そういうのは理解した上で見てるので、わざわざ皆が解ってる事を書かれてもなぁ・・・って感じです。

これは、マンガ界の一つの歴史としてみるべきですね。

似たようなのが他にもあります。正確なタイトルは忘れましたが、

1) 北斗の拳
2) ゴレンジャー
3) ガイバー

ガイバーなんかは、2作作られていて、わりとそれなりだった記憶があります。

The Guyver 




洋画なんてのは、B 級になると途中で退屈して見るのをやめてしまうのが沢山ある中で、アニメ実写化を退屈した覚えは無いですからね。そもそも、レンタルで安く見れる内容なんだから、いちいち文句言う気なんかありません。どれも楽しんで見てます。




posted by at 2009-08-11 15:24 | VIDEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日


崖の上のポニョ観ました

予備知識は殆ど無しで導入部をみて、


「あれ、手塚キャラ?」


結局、ポニョの父と母は殆ど手塚キャラでした。
それ以外は完全無欠の宮ア 駿の世界でした。
いつもより、これでもか・・いや、すき放題やった感があります。


トトロは当然そうなんですが、このお話は現代だと思われるのですが
なんか昭和のにおいがして、自分がどこかで体験したようなどこか
で見たような気にさせられてしまいます。

今回ずっと目が潤んだような感じになって参りました。


しかし、やりたいだけやって、ストン・・・と終わりましたね。


もっといつまでも、ずっと生きていたくなるようなお話です。




タグ:VideoMovie
posted by at 2009-08-09 22:55 | VIDEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
コンテンツ終了
右サイド開始
コンテナ終了 base 終了
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX